亡くなった人の遺言書。開けてしまったら無効?

遺言書を見つけたら

亡くなった父の家の整理をしていたら、封筒に入った遺言書を見つけたの。気になるから、開けてしまいたいんだけど・・。

封にはいった遺言書は、勝手に開けたらダメですよ。

封筒に入った自筆証書遺言(のようなもの)を見つけた場合、中身が気になるお気持ちは、とてもよくわかります。

しかし、これは勝手に開けてはいけません。見たい気持ちを、グッと抑えてください。

封に入った遺言書は、民法の規定により、検認の場で開封することになっています。また、勝手に開けてしまった場合には、5万円以下の過料が課される場合もあるので、注意が必要です。

(遺言書の検認)
第千四条 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない
(過料)
第千五条 前条の規定により遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、又は家庭裁判所外においてその開封をした者は、五万円以下の過料に処する。

勝手に開けたら、無効?

勝手に開けちゃダメなのね・・。じゃあ、もし勝手に開けたら、無効になっちゃうの?

では、封に入った遺言書を勝手に開けたら、遺言書が無効になってしまうのでしょうか。

結論をお伝えすれば、勝手に開けたからと言って、直ちに遺言書が無効になるわけではありません。

しかし、勝手に開封してしまうことで、他の相続人や関係者から、遺言書の偽造や差し替えを疑われる大きな原因となるリスクが高いでしょう。

「遺言書をこっそり自分の都合の良いように書き換えて入れ替えたのでは?」と疑われてしまうと、争いに発展してしまったり、争いが長期化してしまったりする可能性があります。

このような余計なリスクを増やしてしまわないためにも、やはり原則通り、封のある遺言書は検認の場で開けるようにしましょう。

動画で解説

※下の画像をクリックすると、YouTubeで動画が再生されます。

なごみ相続サポートセンターのサービス詳細

当センターのサポートメニューなどの詳細は、下記ページをご覧ください。

■遺言書など、生前のお手伝い

■お身内に相続が起きた後のお手伝い

■全国対応!遺言書作成オンラインサポート

■全国対応!遺産分割協議書作成サポート

相談をご希望の方へ

なごみ相続サポートセンターでは、初回無料にてご相談をお受けしております。

出張無料の地域や、全国対応のサポートもございますので、まずはお気軽にお問合せくださいませ。ご相談をご希望の方は、下記お電話番号またはコンタクトフォームよりご連絡ください。

なお、ご相談の受付状況やご対応地域、サポート内容、サポート料金等についての詳細は、下記各リンク先をご確認頂ければ幸いです。

■遺言書など、生前のお手伝い

■お身内に相続が起きた後のお手伝い

■全国対応!遺言書作成オンラインサポート

■全国対応!遺産分割協議書作成サポート

●無料相談のご予約・お問合せ

相談予約TEL:0569-84-8890

※営業時間は平日9:00~18:00ですが、左記時間外のお電話が難しい場合には、時間外も可能な限り対応致します。

※ご相談対応中など、お電話に出られない場合がございます。その場合にはこちらから折り返しいたしますので、必ず番号を通知してお掛けくださいませ。

※ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、ご依頼のご検討を前提としない(ご自身で手続きをおこなう前提で、やり方だけが無料で知りたい、といったような)お問い合わせはお断りしております。そのような場合には、各自治体の窓口へご連絡くださいませ。

※恐れ入りますが、ご予約なく突然お越し頂きましても、ご対応致しかねます。必ず事前にご予約くださいませ。

●フォームからのご予約・お問合せ

※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはinfo@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

●相続に関する情報を、毎月第2・第4水曜に、無料でお届けしています●

メルマガ購読・解除 ID: 1633048
こころをつなぐ、相続のハナシ

 



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

※本ページは執筆当時の情報で記載しています。改正等により情報が変更となった際には随時改訂しておりますが、ご依頼頂いたお客様のサポートを優先しているため、追い付いていない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

また、実際のお手続き等の際には個別事情や改正等により異なる場合もございますので、専門家へご相談ください。無料のブログ記事という性質上、本記事を参照された結果損害を受けられたとしても、弊センターでは責任を負いかねますので、こちらも予めご了承ください。

nagomig