配偶者居住権のデメリットとは。

動画で解説

配偶者居住権の創設

配偶者居住権というのが、いまいちよくわからなくて・・。

メリット、デメリットを踏まえて解説していきますね。

2018年の民法改正により創設された配偶者居住権。ここでは、配偶者居住権とっはどのような制度なのか、解説していきます。

配偶者居住権とは

配偶者居住権とは、「自宅の建物」を、「自宅建物の所有権」と、「配偶者が亡くなるまでその建物に住む権利(=「配偶者居住権」)に分けて相続することができるようになる制度です。

従来、配偶者と同居していた被相続人所有の自宅は、「自宅の建物」という1つの財産として、誰が相続するかを検討するしかありませんでした。

しかし、配偶者居住権の創設により上記の通り所有権と居住権とに分けて相続できますから、これにより、より柔軟な遺産分割や遺言が可能となったのです。

配偶者居住権が役立つモデルケース

太郎さんの悩み

太郎さんには、前妻との子である一郎さんがいます。一郎さんはすでに実家を出て、一郎さんの妻や子と、実家近くの賃貸マンションで暮らしています。

太郎さんは、一郎さんが実家を出たのちに花子さんと再婚をし、太郎さんの所有する家で二人で余生を楽しんでいます。

花子さんにも子がありますが、太郎さんとの再婚時にはすでに独立しています。また、一緒に暮らしたことがあるわけでもない一郎さんと花子さんの間にも、太郎さんと花子さんの子の間にも特に親子という感覚はなく、年末年始など帰省時に顔を合わせる程度です。

そのような状況の中、太郎さんは、次のように考えています。

自分の亡きあと、花子には安心してこの家に住んでいってほしい。でも、花子も亡くなった後には、この家は花子の子ではなく、自分の子である一郎に渡したい。何か良い方法はないだろうか。

従来の解決法

このようなケースは、晩年での再婚が珍しくはない昨今、増えているのではないでしょうか。

こうしたとき、従来の解決法は、下記しかありませんでした。

  1. 自宅を、遺言書で花子に相続させる。そのうえで、花子にも、その自宅土地建物を一郎へ遺贈する旨の遺言書をつくってもらう。
  2. 自宅を、遺言書で一郎に相続させる。そのうえで、一郎に、花子が亡くなるまではその家に無償で住まわせるよう、約束させる。
  3. 信託を活用する。

しかし、これらにはそれぞれデメリットがあります。

1の場合には、花子がいったん指定の内容の遺言書を作成したとしても、その後書き換えないことまでは拘束できない点がリスクです。太郎には知らせず、一郎ではなく自分の実子などを受遺者とする遺言書に、こっそり書き換えられてしまえば、どうしようもありません。

2の場合には、約束を反故にされる可能性があります。実際に太郎が亡くなったあとで、一郎が花子を追い出してしまったり、賃料を請求しだすかもしれません。負担付遺贈という方法もありますが、その負担を履行したかどうかのチェックは困難ですし、訴訟をするにしても、高齢の花子さんにとってかなりの負担となってしまうでしょう。

3の場合には、費用が比較的高額になります。また、信託はまだまだ新しい制度ですから、実際に運用してみた結果のトラブル事例が出そろっていません。これも、大きなリスクです。また、信頼できる受託者を、原則としてお身内や知人などの中から探す必要もあります。

配偶者居住権のメリット

そこで登場したのが、配偶者居住権です。前述のケースで、配偶者居住権の施行後は、下記のような遺言や遺産分割が可能になります。

自宅の土地建物の所有権は、長男の一郎に相続させる。

自宅の建物に、亡くなるまで無償で住む権利(=「配偶者居住権」)は、妻の花子に遺贈する。

これにより、太郎さんの望んだ状態、すなわち、「自分の亡きあと、花子には安心してこの家に住んでいってほしい。でも、花子も亡くなった後には、この家は花子の子ではなく、自分の子である一郎に渡したい。」という希望が、かなえられるのです。

また、別の例では、財産の大半が自宅不動産という方が亡くなった場合の遺産分割協議で、自宅を売って分けざるを得ない状態を回避しやすくなります。

このように、柔軟な遺言書や遺産分割が可能になった点が、配偶者居住権の最も大きなメリットです。

配偶者居住権のデメリット

一方、配偶者居住権にはデメリットも存在します。

まず、配偶者居住権は売却できないというのは、大きなデメリットです。つまり、配偶者がその後1人での生活に不安を感じたとしても、「自宅不動産を売却し、その対価を元に施設へ入所する」という選択肢は取れないわけです。

なお、配偶者居住権を誰かに貸して収益を得ること自体は禁止されていませんが、これには所有者の承諾が必要です。承諾が得られない場合には、貸すこともできませんし、勝手に貸した場合には配偶者居住権が消滅させられてしまう可能性があります。

また、仮に一郎さんと花子さんとの関係がかなり悪い場合には、関係の良くない人の所有する物件に住んでいく心理的負担もあるでしょう。賃料は無償なので頻繁に連絡を取り合う必要までは無いにせよ、修繕の際などには連絡をとっていく必要があるためです。

配偶者居住権を検討する際は、メリットのみではなくデメリットもよく知ったうえで、慎重に判断するようにしましょう。

こんな時は、無料相談をご利用ください

弊所では、ご来所いただく場合、初回無料にてご相談をお受けしております。下記のような方は、お気軽に無料相談をお申し込みください。

お身内のご相続が起きた場合

  • お身内が亡くなったが、何から手を付けて良いかわからない
  • 各種名義変更など、相続手続きの代行をしてほしい
  • 相続人の中に、住所がわからない人がいて困っている
  • 相続手続きで、ご自身が何をすべきか知りたい

ご自身の終活をご検討の場合

  • スムーズに手続きができる遺言書を作成したい
  • 遺言書作成をサポートしてほしい
  • 自分にも遺言書が必要か相談したい
  • 遺言書を作りたいが、何から手を付けて良いかわからない

※「相続争いが起きている」「納得できない遺言書を無効にしたい」等のご相談は、弁護士法の規定により弁護士以外はお受けできません。お客様の貴重な時間を無駄にしないため、ご予約のお電話の際に、簡単にご相談予定の内容をお聞かせいただき、内容によっては弁護士へのご相談をお勧め致します。弊センターでご対応可能な内容かどうか迷われたら、まずはお問い合わせください

その他、無料相談についての詳細はコチラのページをご覧ください。

ご相談は完全予約制です。突然お越し頂いてもご対応いたしかねますので、必ず事前にお電話等でのご予約をお願い致します。

※ご相談中など出られない場合には折り返し致しますので、番号を通知してお掛けください。

フォームからの無料相談のお申込み・無料相談についてのお問い合わせ

※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはinfo@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※フォームやメールでのご相談はお受けしておりません。予めご了承くださいませ。

相続に関する情報を、毎月第2・第4水曜に、無料でお届けしています

メルマガ購読・解除 ID: 1633048
こころをつなぐ、相続のハナシ

 



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

※本ページは執筆当時の情報で記載しています。改正等により情報が変更となった際には随時改訂しておりますが、ご依頼頂いたお客様のサポートを優先しているため、追い付いていない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

また、実際のお手続き等の際には個別事情や改正等により異なる場合もございますので、専門家へご相談ください。無料のブログ記事という性質上、本記事を参照された結果損害を受けられたとしても、弊センターでは責任を負いかねますので、こちらも予めご了承ください。

無料相談についての詳細はコチラのページをご覧ください。

nagomig