遺言書の見直しポイント~遺言書を貸金庫に保管していないか

遺言書は、法的要件だけ満たせば良い?

遺言書をつくるとき、やはり多くの人がまず気にするのは、法的要件。確かに遺言書には形式上の要件も多く存在し、その要件を満たさなければ、せっかくの遺言書が無効になってしまいます。

しかし、法的要件はあくまでも、遺言書が遺言書であるための最低限でしかありません。実際に相続が発生し、スムーズに手続きをするため、また、無用な揉め事を防ぐためには、法的要件を満たすのみでは不十分です。

ここでは、遺言書の見直しのうち、遺言書の保管場所に焦点をあて、解説していきます。

銀行の貸金庫に、遺言書をしまってはいけない

自分以外の人が明けにくく、かつ安全な保管場所を考えたときに、銀行の貸金庫が思い浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

実際、銀行の貸金庫はとても安全で、盗まれたり火事で燃えたりという可能性を限りなく下げられるため、大事なものの保管場所としてはもってこいです。

しかし、遺言書だけは、銀行の貸金庫に入れることはお勧めできません。それはなぜでしょうか。

「金庫の鍵」を金庫にしまうようなもの

相続人でも金庫を開けられない

原則として、貸金庫の契約者が亡くなると、たとえその人の子は配偶者であっても、貸金庫を開けることはできません。

では、どうすれば開けられるのかというと、法定相続人全員が集まるか、または法定相続人全員の実印付きの同意書が必要です。そのため、例えば法定相続人の中にあまり折り合いの良くない人がいる場合には、金庫を開けるのも一苦労なわけです。

遺言書があれば、簡単に開けられる

そこで、遺言書の登場です。遺言書の中で、貸金庫の中身をすべて相続する人が決まっている場合にはその人が、また、遺言執行者が指定されている場合にはその執行者が、原則として単独で貸金庫を開けられます。

そもそも、このように手続きをスムーズにするために、遺言書を作ったはずではないでしょうか。

金庫の中に遺言書をしまうと・・

しかし、その金庫の中に遺言書をしまってしまうと、その遺言書を取り出すために、原則通り他の相続人の協力が必要となるなど、非常に大変な事態となるわけです。

まさに、金庫の中に金庫の鍵をしまったようなもの。貸金庫はとても便利ですが、このような理由から、遺言書だけはしまわないようにしましょう。

補足:公正証書遺言なら大丈夫

なお、金庫にしまった遺言書が公正証書遺言であったり、自筆証書遺言でも法務局での保管制度を利用したものであれば、まだ大丈夫です。

やはり、多少の手間はかかりますが、それぞれ公証役場や法務局で、手続きに使える遺言書の謄本を取得できるためです。

遺言書の作成サポート

なごみ相続サポートセンターでは、実際に手続きをする場面から逆算し、問題のない遺言書をつくるためのサポートを行っています。無理にひとりで作成し、問題を残してしまわないよう、専門家の活用もご検討ください。

■遺言書作成サポートはコチラ

なごみ相続サポートセンターのサービス詳細

当センターのサポートメニューなどの詳細は、下記ページをご覧ください。

■遺言書など、生前のお手伝い

■お身内に相続が起きた後のお手伝い

■おひとり様女性の方のためのサポートメニュー

ご相談をご希望の方へ

なごみ相続サポートセンターでは、初回無料にてご相談をお受けしております。

出張無料の地域もございますので、まずはお気軽にお問合せくださいませ。ご相談をご希望の方は、下記お電話番号またはコンタクトフォームよりご連絡ください。

●お電話での無料相談のご予約・お問合せ

TEL:0562-38-5505

※営業時間は平日9:00~18:00ですが、左記時間外のお電話が難しい場合には、時間外も可能な限り対応致します。

※ご相談は、土日など上記時間外の対応も可能です。

※ご相談対応中など、お電話に出られない場合がございます。その場合にはこちらから折り返しいたしますので、必ず番号を通知してお掛けくださいませ。

●フォームからのお問合せ

※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはinfo@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話での無料相談は、ご依頼をご検討されている場合に限らせて頂きます。ご自身で手続きをおこなう前提でやり方だけが無料で知りたい、という方は、各自治体の窓口へご連絡ください。

●相続に関する情報を、毎月第2・第4水曜に無料でお届けしています●

※本ページは執筆当時の情報で記載しています。改正等により情報が変更となった際には随時改訂しておりますが、ご依頼頂いたお客様のサポートを優先しているため、追い付いていない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。 また、実際のお手続き等の際には個別事情や改正等により異なる場合もございますので、専門家へご相談ください。無料のブログ記事という性質上、本記事を参照された結果損害を受けられたとしても、弊センターでは責任を負いかねますので、こちらも予めご了承ください。